陽向 天女の“はごろも通信”

宇宙 創造 ライトボディ 性魔術

【とてもイヤな夢をみました】

【とてもイヤな夢をみました】

 

f:id:yoomayu:20191114101025j:image
〈夢見る力―カバラと内なるビジョンを生きる

 Catherine Shainberg著  ナチュラルスピリット〉

 


一晩中

とてもイヤな夢を何度もみました。

何度も目が醒めて

深い悲しみに引き込まれます。

人生には耐えがたい事件が起きることがあるけれど

夢の中で起きることは

そのイヤな思いを昇華してくれています。

目覚めているときに起きるよりも

夢であったことに守られています。

また予知夢的に身を守る術を

教えてくれている面もあります。

タイムラインを切り替える術。

そのままの角度では

その座標にベクトルを向けていて

そこからの角度を変えるように教えてくれています。

f:id:yoomayu:20191114101229j:image

二年前の西荻の家で

ある晩に見た夢もとても辛いものでしたが

その座標から少し角度を変えたら

程なく

とても自由な空間に飛び出しました。

抜けられないスパイラルから

スコンと抜けた瞬間でした。

f:id:yoomayu:20191114101322j:image

権力の競争からのいがみ合い

お金と名声がらみの利用

恐れからの裏切り

その碁盤の上のひとつとなり

信頼の無い人間関係をたくさん見ました。

それまでの人生では見たことのない世界でした。

スパイラルの外側には

争いのないあたたかい手がたくさん差し伸べられていて

それらに氣づかないで過ごしていたところを

大きな存在が

背中を掴んで摘み出してくれました。

夢でも現実でも

不思議な人たちがやってきては

支えてくれて

時期がきたら去ってゆく。

f:id:yoomayu:20191114101411j:image


昨日のミカエルからの『サクラメント』も

『7つの燭台』

(・・・あなたは、私の右手に七つの星と、

七つの金の燭台とを見たが、

それらの秘められた意味はこうだ。

七つの星は七つの教会の天使たち、

七つの燭台は七つの教会である〈ヨハネの黙示録〉)

についても

個であり全体であることへのメッセージです。

f:id:yoomayu:20191114102202j:image


一晩中の嵐でうねる海は

まもなく雲が切れて

お日さまが顔を出します。

力強い清々しい朝です。

水はまだ夏の情熱を残したままで

ゆるく素足をつつみます。

f:id:yoomayu:20191114102210j:image


面舵いっぱいに角度を変えるには

どんな嵐にも転覆しないように

もう少し船体のバランスが必要。

Kan.さんの言う

「雲をつかむような空間を持つ」ことで

広がる世界に出航準備をととのえます。

 

海辺のひとりリトリートはつづく・・・


Attention please!

This is your captain speaking...╰(*´︶`*)╯

 


陽子

 


************

 


〈エノクの64の鍵 3−1−2〉

f:id:yoomayu:20191114102519j:image


 これからの光輝ある指導者への鍵は、パターン形成のために、記憶のネットワークを正確に定義された指示に普遍的な言語プロセスで接続している宿主(ホスト)的ネットワークについて述べている。

 パターン形成は、「7本の蝋燭」の真ん中に灯る蝋燭のように、「生命の樹」の真ん中に位置する記憶細胞のことを指している。ハスマルの7つの光のエネルギーが、色指数を膜のパターンの光度と放射状範囲の中に移動させる。このパターンは七つの集まり(クラスタ)で与えられ、それぞれに膜の放射状範囲を管理する膜状のエネルギー帯がある。放射状範囲が拡大してさらに明るい光輝ある指導者の身体になるとき、分裂的で堕落したプロセスが、上昇していく広がりを受け入れるよう、その光度は白色と黄色の立方体指数で与えられた光のスペクトルと相互作用する。星々の中には進化をそうやって新しい形態に結びつけているものもある。

 「7」は、成長線、空間移動(テレシフト)温度、ならびに内部の光タイマーを測定する光のコードで、「われ在り I AM」を「われ在り I AM」に自動的に送信する。

 「7」は、外部の七つの時間反応器の光源を、10の光の画像上付き文字によって点火されたテンプレートをコード化する、内部の七つの光のコードに結びつける。上付き文字は、36と36の流れ方式(フローパターン)をもつ熱の膜のコードに点火する。その熱が、進化の連続的局面のための一連のモデルの中に光のデカ・デルタ多様体を構築する。エネルギー放射は、「高次の膜」の対流エネルギー輸送と競う、エネルギーで満たされた空間のパターンをもたらす。乗り物(←マカバのこと)のテンプレートは、細胞分裂の方向や、空間を満たす空間エネルギーの中で、最終的な器官の形状や、付加的言語コードを受け取っている言語生命パターンを決める、正確な細胞数を決定する。人のすべての生命が細胞分裂でコード化されている。身体は「超越的機構であるマッザロト(←黄道帯の星座)」や太陽反応器にとって宿主的な乗り物である。太陽反応器は、ほかの記憶記録メカニズムにとって有害な出力メッセージの衝撃を減らす役目をはたす。私たちの意識の時間帯(タイムゾーン)において、セラフィムは、マザロトとクチャヴィムののネットワークのあいだを、ホスト・コンピュータとして行き来しながら、「永遠不変の透明性」のイメージに似せた「玉座の烈火」の中の、文字記号や記憶の形成・復元を高次のコードの身体に翻訳している。

f:id:yoomayu:20191114103128j:image


*スペクトル

物理学で光を、プリズムなど分光器を通した時(光の成分の波長によって屈折率が違うため)できる、虹(にじ)のような色の帯。波長の順に並ぶ。広く一般に、ある組成のものを分解した成分を、一定量の大小によって並べたもの。

セラフィム

(שרפים サラフィム)とは、「燃え盛るもの」を現すヘブライ語セラフ(שרף サラフ)の複数形である。 現在では主に、聖書においてこの言葉で表された「燃え盛る天使」を指して使われる。 日本語訳として熾天使と表記されることもある。

*クチャヴィム Kuchavim

YHWHの光の衣として表現されている、それぞれの光の息子のローカルな天国の階層序列に仕える近隣の宇宙の遥か向こうにある遠い星宇宙。

 


******************

 

******************

 


ヨハネ黙示録1章9節~20節〉

f:id:yoomayu:20191114102125j:image


(9) あなたがたの兄弟であり、共にイエスの苦難と御国と忍耐とにあずかっている、わたしヨハネは、神の言とイエスのあかしとのゆえに、パトモスという島にいた。

(10) ところが、わたしは、主の日に御霊に感じた。そして、わたしのうしろの方で、ラッパのような大きな声がするのを聞いた。

(11) その声はこう言った、「あなたが見ていることを書きものにして、それをエペソ、スミルナ、ペルガモ、テアテラ、サルデス、ヒラデルヒヤ、ラオデキヤにある七つの教会に送りなさい」。

(12) そこでわたしは、わたしに呼びかけたその声を見ようとしてふりむいた。ふりむくと、七つの金の燭台が目についた。

(13) それらの燭台の間に、足までたれた上着を着、胸に金の帯をしめている人の子のような者がいた。

(14) そのかしらと髪の毛とは、雪のように白い羊毛に似て真白であり、目は燃える炎のようであった。

(15) その足は、炉で精錬されて光り輝くしんちゅうのようであり、声は大水のとどろきのようであった。

(16) その右手に七つの星を持ち、口からは、鋭いもろ刃のつるぎがつき出ており、顔は、強く照り輝く太陽のようであった。

(17) わたしは彼を見たとき、その足もとに倒れて死人のようになった。すると、彼は右手をわたしの上において言った、「恐れるな。わたしは初めであり、終りであり、

(18) また、生きている者である。わたしは死んだことはあるが、見よ、世々限りなく生きている者である。そして、死と黄泉とのかぎを持っている。

(19) そこで、あなたの見たこと、現在のこと、今後起ろうとすることを、書きとめなさい。

(20) あなたがわたしの右手に見た七つの星と、七つの金の燭台との奥義は、こうである。すなわち、七つの星は七つの教会の御使であり、七つの燭台は七つの教会である。

 


********************

 


#サクラメント

#イエス

#キリスト意識

冬至

#エソテリック

#ミカエル

#エノクの64の鍵

#7つの蝋燭

#夢見

ヨハネの黙示録


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


💖陽向天女のセッションとセミナーのご案内💖

はごろも通信

http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2018/11/30/065841

 


 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 


 

陽向 天女(ひなたてんにょ)〈真弓 陽子〉

f:id:yoomayu:20191114103239j:image


1994年  手術室看護

1999年より訪問看護に従事

三児の母

2014年瞑想を始め

スピリチュアルな世界に興味を持つ

『神聖幾何学』や

『イシスの性魔術』等の

ヒーリングツールを用いて

癒しと目に見えない世界について

人々に伝えています