陽向 天女の“はごろも通信”

宇宙 創造 ライトボディ 性魔術

【《ラー文書 II》より ~④~ツインソウルとソウルメイトたちの魂の約束~八ヶ岳での未知との遭遇~】

 

 

f:id:yoomayu:20180812100043j:image

 


八ヶ岳では宇宙人と遭遇しました。

 

f:id:yoomayu:20180812100701j:image
f:id:yoomayu:20180812100658j:image
f:id:yoomayu:20180812100655j:image


一緒に過ごした彼と温泉に行った帰りに


入笠山の登山ロープウェイのある富士パノラマビューの


トイレに立ち寄った時のこと。


トイレを済ませて車に戻ろうとそちらを見ると


エンジンをかけていない車に彼が乗っているのが見えました。


エンジンをかけていないのを不思議に思いながら


そちらへ歩いてゆくと


横から「ようこちゃん、ここに座ってごらん」と彼に呼ばれました。


車にいるはずと思っていたので少し驚いて


彼の横に座ると


「車の中を見てみて」と言われました。


車内の運転席と助手席に誰かが座っています。


目が不思議な宇宙人に見えました。


すぐに人影は消えました。


彼は「はじめはオヤジかと思ったんだ。でも、ちょっと違う。あれ、なんだ?」


と不思議そうに言うので「宇宙人だよ」と言いました。

 

 

f:id:yoomayu:20180812092429j:image

 

 

 

八ヶ岳に来てから


8月8日のライオンゲートのポータルオープンを迎えて


たくさんの存在たちを感じました。


夜寝ていると頭の尖った小さい緑の人たちが


そばにたくさんいたり


高音が鳴りひびいてたくさんのビジョンを見たり


真田家の古いお城や遺跡に導かれたり。

 

f:id:yoomayu:20180812094554j:image

 

 

 

 

彼と出逢ってからこの3年間


一緒に過ごしていると不思議なことばかり起こりました。


今回


八ヶ岳に誘ってくれたのも


エジプトの前にすっかり生命力が落ちてしまった私が


助けてほしいとお願いしたので


元氣づけてくれるためでしたが


なぜこのタイミングで元氣がなくなってしまったのか


八ヶ岳に行くことになったのか


理由はわかりません。


宇宙の流れにまかせていたら


8月8日を一緒に過ごすことになりました。

 

 

 

 


以前、友人のYUKIと訪れた


諏訪の境石

 

f:id:yoomayu:20180812094709j:image


神長官守矢資料館のミシャグジさま

 

f:id:yoomayu:20180812094734j:image


守屋山の守屋神社

 

f:id:yoomayu:20180812094855j:image


北斗神社

 

f:id:yoomayu:20180812094933j:image

 

などを彼とめぐり


エネルギーを確かめました。

 

 

 

 

そして彼は


この3ヶ月間八ヶ岳で過ごして訪れた


身曾岐(みそぎ)神社

 

f:id:yoomayu:20180812095113j:image


尖(とがり)石遺跡などの

 

f:id:yoomayu:20180812095208j:image


さまざまな場所に連れて行ってくれました。


尖石では二つのエネルギーラインを二人で感じて


琵琶湖の白鬚(しらひげ)神社にもう一つの尖石があることを

 

偶然、二人の友人から知りました。

 

f:id:yoomayu:20180812095308j:image

 

長く出版エージェントとしてその目利きの力で

 

数々のヒット作をあててきた魔法使いの彼は

 

勘で

 

それらの場所をまわろうと行動をおこします。

 

そこから続けざまに不思議なことが起きてきます。

 

それらの不思議なものごとは

 

人々の意識変革を呼び起こすものばかりです。

 

 

 


今回訪れた場所のエネルギーは

 

男性性でもなく

 

女性性でもなく


今まで触れてきたエネルギーと違う


一源のひかり、統合のひかりでした。


そのひかりは神聖幾何学的なマカバの波動(波動)として


私たちをカタチづくっています。

 

 

 

マカバの神聖幾何学的な波動(振動)は


虚無からはじまります。

 

ドラゴンの持つゼロポイントの玉です。

 

f:id:yoomayu:20180812095959j:image


男性性の火・地


中性の風


女性性の水・空の


5つのエレメントを経て虚無へ帰ります。

 

はじまりはおわり


A to Ω(アルファ トゥ オメガ)のことを指します。


八芒星の64テトラヒドロンの


統合のゼロポイントエネルギーです。

 

f:id:yoomayu:20180812094044j:image

 

f:id:yoomayu:20180812094313p:image

 

 

 

 

2年前に


ふたりで過ごすようになってから


青い存在たちにヴェシカパイシスと六芒星を見せられ


ドランヴァロメルキゼデクのフラワーオブライフの本から


マカバのことを知り


今回の虚無のゼロポイントのマカバを体感するまでに


たくさんの不思議な出来事がありました。

 

f:id:yoomayu:20180812093849j:image
f:id:yoomayu:20180812093846j:image

 

たくさんの人々にマカバのライトボディのことを伝えてきました。

 

f:id:yoomayu:20180812093930j:image

 

 

 

 

このように同じ魂の光を持つものが分かれて


ふたたび出会うときに生まれる光の仕事を


『魂の約束』と呼びます。


その仕事を共にする相手をツインソウルと呼びます。


激しい恋愛感情で惹かれ


直球でぶつかり合いながら


恋愛感情を超えて


えも言われぬ安心感にたどりつきます。

 

f:id:yoomayu:20180812093956j:image


性的エネルギーで交わりあいながらお互いにモノゴトを体験し


それぞれの光の段階をたどりながら上昇してゆきます。


そうなるとシンクロ二シティばかり起きて


仕事はシンプルになり速くなります。


意思は時空を超えてテレパシーで伝わります。


魂の仕事をするという意氣込みはなく

 

ご飯を食べたり

 

山に登ったり

 

歌ったり


ただ楽しく歓んでいるだけになります。

 

相手の瞳に映る笑顔に

 

歓喜の光がほとばしります。

 

f:id:yoomayu:20180812093726p:image

 

 

 

 

それらの魂の仕事を


分霊した存在たちがサポートしてくれます。


車の中にいた宇宙人は分霊した私たちでもあります。


惑星地球での仕事は地球に降り立った者にしか


行うことができません。


宇宙人も家族も友人たちも


みんな光の仕事を行う


魂の約束をしてきたソウルメイトです。

 

 

 

 

 

 

八ヶ岳も諏訪も


ピラミッドが連立する


波動(振動)の高い土地です。

 

f:id:yoomayu:20180812094348j:image



諏訪から富士山へのびる龍脈


琵琶湖、淡路、剣山へのびる龍脈を


白いクンダリーニの蛇のミシャグジさまが


生き生きとその光のうねりを


天と大地を激しく揺らしながら


大地から天にとどけようとしています。


八ヶ岳の連山は


魂の光の進化を導くホワイトライオンである

 

スフィンクスの波動(振動)です。

 

f:id:yoomayu:20180812094504j:image
f:id:yoomayu:20180812094507j:image

 

 


八ヶ岳の最後の晩は


うたた寝をしていると


三年前の嵐の時のように


雷鳴が鳴り響いて


時空間の龍神さまとのまぐわいで


クンダリーニが激しくうねり


力強く天に向けて上昇してゆきました。


ただただ恍惚のときでした。

 

 

八ヶ岳を去るとき

 

空にミシャグジさまがあらわれて

 

お見送りをしてくれました。

 

f:id:yoomayu:20180812093056j:image

 

8月8日を超えた9日のレシートには


諏訪の御柱《1・1・1・1》の数字が


並びました。

 

f:id:yoomayu:20180812093115j:image


《11+11=22》


~22を超えて、23の次元へ~╰(*´︶`*)╯❤︎

 

 

=陽向天女=

 


************************


質問者:ここに用意した質問は、この媒体からあなたに訊ねてほしいと頼まれたものです。

では質問を読みます。

 

f:id:yoomayu:20180812092837j:image


「あなたがたは、私たちが性的な生殖活動複合体に関わることが原因で起こりうる、さまざまなタイプのエネルギーの移動や障害について話してくださいます。ポジティブなものもネガティブなものも。そこで、『一なるものの法則』にならおうとする個人がポジティブな方向でこの分野で何ができるかに重点を置いて、そうしたエネルギー移動や障害について説明していただけますか?この質問にお答えいただくことは可能でしょうか?」


ラー:私はラー。私たちの置いた背景があれば部分的に可能です。これはさらに適切な方向に進んだ質問ですが、特殊であるため一般にも受け入れやすい回答になるかもしれません。


  最初に移動するエネルギーは赤色光線です。これはあなたがたの生殖系にのみ関わる、いきあたりばったり(ランダム)な移動です。


  オレンジ色と黄色光線の試みは、その領域で性的に振動しているのが片方だけの場合はのっけから障害が生じ、振動している側にはそうした活動に対する終わりなき欲求が生じます。それらの振動レベルが探求しつつ、目指す先にあるのは緑色光線です。しかし、オレンジ色と黄色光線のエネルギー移動には、ネガティブに極性化する可能性もあるのです。そこでは、片方の存在者は他の自己というよりも、“もの”と見なされ、もう片方は自分自身を略奪者や支配者と見なします。


  緑色光線には二つの可能性があります。一つは両者が緑色光線で振動しているケースで、そこには相互に強化し合うエネルギー移動が起きます。あなたがたの言うネガティブ(陰)、つまり女性性は存在の根源からエネルギー中枢を通してエネルギーを引き出し、その結果、身体的な再活性化が起こります。あなたがたの幻影で、男性性の極とされるポジティブ(陽)はみずからのエネルギー移動においてインスピレーションを見出し、それが心/身体/霊複合体の霊の部分を満たし、育みます。両者はこのように極性化され、知的エネルギーの性質によりそれぞれが豊富に有しているもの、つまりネガティブ(陰)/直感的エネルギー、ポジティブ(陽)/身体的エネルギーとあなたがたが呼ぶものの過剰分を解き放ちます。このエネルギーの移動が阻まれるのは、一方または両方の存在者に、所有することや所有されることへの怖れ、あるいは所有することや所有されることへの願望があるときだけです。


  緑色光線のもう一つの可能性は、一方の存在は緑色光線エネルギーを差し出しても、もう一方はそうした普遍的な愛に根ざすエネルギーを差し出さないケースです。これは緑色光線でない方にエネルギー障害が生じ、欲求不満や欲求の増大を引き起こします。かたや緑色光線の存在者のほうは、他者への奉仕の方向にわずかに極性化が進みます。


  青色光線のエネルギー移動は、現時点でのあなたがたのあいだでは若干めずらしいことですが、非常に有益です。なぜならそのエネルギー移動は、怖れや制約にとらわれない自己表現を可能にするからです。


  藍色光線のエネルギー移動は、あなたがたのあいだではなおさらめずらしいですが、これは身体複合体の神聖な部分で、それによって紫色光線を介した知的無限との接触が起こる可能性があります。この後者の二つのレベルで障害が起こることはありません。なぜならどちらも存在者が受け入れの準備ができていない限りそのエネルギーを見ることができないばかりでなく、エネルギーの移動や閉塞も起こりえないからです。それはまるでディストリビュータ*の外れた高性能エンジンのようです。


(*ディストリビュータ・・・エンジン部品の一つで、高電圧を点火プラグに分配する装置。)

 

***************

 

質問者:性的なエネルギー移動を定義して、その意味を説明してくださいますか?


ラー:私はラー。エネルギー移動は、いわゆる強化された空間全域への可能性のエネルギーの“解き放ち”を意味します。性的なエネルギー移動は、それぞれが他方に対して若干の可能性の差(電位差)を有する、二つの心/身体/霊複合体の極性化が原因で起こります。したがって、そのエネルギーの移動や障害の性質は、そうした二つの可能性(電位)の相互作用の結果になります。エネルギー移動が起こるケースを閉じた回路になぞらえることもできます。また、すべての体験活動と同様に、この活動を「創造主」が「それ自身」を体験しているさまとして見ることもできます。


質問者:それでは、性的エネルギー移動は「創造主」が「それ自身」を体験するための主要な方法(メカニズム)であるといえますか?


ラー:私はラー。用語が適切ではありません。おそらく形容詞の『主要な』の部分は、「創造主」が「それ自身」を知るための『ある一つの適切な』方法になろうかと思います。というのも「創造主」は、それぞれの相互作用のどんなゆがみにおいてであっても「それ自身」を体験しているからです。「創造主」が「それ自身」を両性的に知ることには、利点が二重に生じる可能性があります。


  まず、緑色光線が活性化している存在者は、あなたがたが喜びと呼ぶものの直接的で単純な類似物を有する可能性があります。これは知的エネルギーの霊的ないし形而上学的な性質で、存在することのより真実に近い性質を理解するための大きな助けとなります。


  両性生殖行動のもう一つの潜在的利点は、神聖な理解や知的無限への入り口(ゲートウェイ)との、いわゆるつながりが得られる可能性です。これは、適切な準備がなされていれば、あなたがたが魔法と呼ぶであろう作用が起きたり知的無限の体験が得られたりするということです。


  知的無限の到達する手段としてこれを重視するポジティブな方向性をもつ個人であれば、探求や意志からの行動を通して、この無限の知性をそうした存在者が望む仕事にさし向けることができます。それが奉仕の知識であれヒーリング能力であれ、なんであれ他者への奉仕であることが求められます。

 

  以上が、「創造主」が「それ自身」を体験するためのこの特定の方法の二つの利点です。以前にも述べたように、この特別なエネルギーの移動の力は、あらゆる方法で他者に奉仕したいと望む個々の心/身体/霊複合体にとびらを開き、その結果ポジティブな方向への極性化をうながすのです。


*性的なエネルギー移動=エネルギーセックス


【ラー文書「一なるものの法則」第二巻/ドン・エルキンズ、カーラ・L・ルカート、ジェームズ・マッカーティ 著/紫上はとる 訳/ナチュラルスピリット】

 

***************************

 

f:id:yoomayu:20180812092855j:image


「・・・・この宇宙には

『いかなる者も、

他の星の進化に介入してはならない』

という法則がある。、

ただし、自らの肉体を持って、

その星に生きることを選択する場合、

自分の人生を通して、

自らの体現する際にはそのかぎりではない。

肉体を持って惑星地球での人生を選ぶのであれば、

星から持ち運んできた叡智を、

惑星地球で発揮してもかまわない。

 

 

 

宇宙の創造に加わることで、

必要なものは入り、

不要なものは消し去ることができる。

その力は閉ざされた空間を作った

その力に負けることがない。

それどころか、

その何百倍もパワーがある。

なぜなら、

宇宙の真実を探求する者にとって、

小さな小細工は取るに足らないものだからだ。

その扉を開けることを信じること。

 

 

 

太陽より生まれし者よ。

互いに信じあいなさい。

知恵と勇気の紋章を持つ者同士が背中をあわせ、

互いに信じあった時、

そこに一本の光の道が生まれる。

その光は『創造』へと真っすぐにつながっている」

 


《22を越えてゆけ・Ⅲ・宇宙の羅針盤〈下〉

辻 麻里子著 ナチュラルスピリットより》

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 


すわ


511の7のとき


地の底の蛇はとぐろを巻き


その龍脈のほのおを


たちのぼらせ


歓喜のほのおは


ポラリスにとどき


あの世とこの世の


境目の9を奏で


とうにころがる


アメノミナカヌシさまの柱は


エロスの柱


万治


ヨロズの病をいやすイノチのひかり

 

=陽向天女=

 

 

*******イベントのお知らせ**********

 

 

 

◆9月・10月に各地域でイヤーコーニング やイシスの性魔術講座のご希望があれば、ご連絡ください╰(*´︶`*)╯❤︎

 

 

 

◆8月15・16日【王の間青のイニシエーション☆陽向天女のイヤーコーニングin大阪】→満席御礼❤︎

http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2018/07/19/114814

 

 


◆8月17日【夏休み集中講座☆イシスの性魔術セミナーin神戸】→残席4❤︎

http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2018/07/19/115120

 

 


◆8月18日【王の間青のイニシエーション☆陽向天女のイヤーコーニングin神戸】→残席2❤︎

http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2018/08/07/124640

 

 

◆ライトワーカー養成個人ゼミ

日時相談。

http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2018/03/03/162654

 

 


メタトロンマカバ(ライトボディ)活性化

スカイプなどの遠隔でできます。

メタトロン・マカバってなあに?”

↓↓↓

http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2018/03/29/224029

“ライトボディ ってなあに?”

↓↓↓

http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2018/03/12/120438

 

☆お申し込み☆

vamosyohko-yoda.88♡i.softbank.jp 真弓 陽子

(♡を@に変えてご送信ください)

または、

messenger(陽向天女)

LINE(陽向天女)

Instagram(yohko88)

iPhone(09026220014)にてお気軽にご連絡ください☺︎

 

 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


陽向 天女(ひなたてんにょ)〈真弓 陽子〉

 

f:id:yoomayu:20180812102505j:image

 

1994年より手術室看護、

1999年より育児をしながら

訪問看護を経験。

2014年 瞑想を始め、

亡くなった義父に導かれ

スピリチュアルな世界に興味を持つ。

日々、瞑想をしながら

宇宙の一源やさまざまな存在たちからの声を聴き

癒しと目に見えない世界について

探求(思い出)し、

『神聖幾何学

『イシスの性魔術』

『ライトボディアクティベーション

などの光のツールを通して

深淵なる宇宙の愛と叡智を

人々に伝えてゆくことを使命(ヨロコビ)としています❤︎

 

f:id:yoomayu:20180812100829j:image
f:id:yoomayu:20180812100826j:image
f:id:yoomayu:20180812100835j:image
f:id:yoomayu:20180812100838j:image
f:id:yoomayu:20180812100856j:image
f:id:yoomayu:20180812100841j:image
f:id:yoomayu:20180812100849j:image
f:id:yoomayu:20180812100846j:image
f:id:yoomayu:20180812100852j:image
f:id:yoomayu:20180812100832j:image
f:id:yoomayu:20180812100823j:image