陽向 天女の“はごろも通信”

宇宙 創造 ライトボディ 性魔術

【神聖幾何学と三種の神器とライトボディ《その①》 ~コトバとカタチのバイブレーション~『君が代から 神が代へ』より抜粋】

 

f:id:yoomayu:20180726111535j:image


*・゜゚・*:.。..。.:*・☆・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 


=「神が代」へ戻るために必要なもの=

 


  さて、創世記に関する解釈はここまでとしましょう。

  ただ、これは多角的に意味が埋め込まれている聖書のほんの一面を解釈したものです。先に述べたとおり、どのような文献の解釈でも、意味を深く保ちながら日常を意識的に生きることと、瞑想や五大元素を理解していくことで誰もが読み解けます。

 


  すべての解釈は、単なる言葉遊びではない、言葉を超えたところにあります。言葉は、意思を表現するために私たちが心の中で作り出したもの。音霊を言葉にした瞬間に、すべては制約されてしまいます。より深い理解は、言葉を超えた世界で行うものなのです。

  言葉を音霊として理解するためには、まず沈黙の力を知ることが必須です。「闇」という言葉があります。もともとは、「門の中に入り音霊を聴く」という思いが込められた漢字です。門の中の音霊とは、深い沈黙の中に聴こえる神のバイブレーションです。

  新約聖書の「ヨハネによる福音書」では、最初に「初めにことばがあった」と表現されています。物質世界では、闇は悪いもののように扱われることが多いのですが、実はとても神聖で清浄な意味に根ざしたものなのです。

  神嘗祭(しんじょうさい)や新嘗祭の暁(あかつき)の儀などの一部の大切な儀式が夜の闇の中で執り行われているのも、闇がとても神聖なものだと理解されているからです。私たちはもう、光と闇、善と悪といった狭い概念を取り払う時を迎えているのです。

  ちなみに、沈黙の力を体験しないと真に理解できないものに、「カタカムナ」があります。この文字は、三次元の形や文字からだけでは真意を読み解くことはできません。この言葉を理解する前提として、まずは言葉を超えた領域の体験が必須になるのです。

 

f:id:yoomayu:20180726111558j:image
f:id:yoomayu:20180726111555j:image
f:id:yoomayu:20180726111601j:image


三種の神器」というものがあります。天孫降臨の際に、瓊瓊杵尊ニニギノミコト)が天照大神から授けられたという鏡・勾玉・剣のことです。では、これらはどこにあるのでしょうか。

  地球上のさまざまな場所、日本の山岳地帯にも、実際にそれを象徴する場は存在します。そして、生きた三種の神器が存在するのは、実は私たち一人ひとりの魂の中です。三種の神器は、様々な解釈がなされていますが、私たちに内在する三種の神器は、人が地上に降りても神との繋がりを保ち、「神が代」の世界へと帰るための道筋を忘れないための魂の在り方を象徴しています。

 今この時期に、すべての人が自己に内在する三種の神器を思い出し、活性化する必要があります。〈その②へつづく〉

 


《森井 啓二 著・上巻・きれいねっと  より》

 


*・゜゚・*:.。..。.:*・☆・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 


三種の神器はマカバ、Mer-Ka-Baです。

 

f:id:yoomayu:20180726111620j:image


「Mer」は天のアメノミナカヌシで天地をつらぬく「剣」を


「Ka」はカーボディであるエネルギー体の層で魂である「勾玉」を


「Ba」は肉体そのものである私たちそのものを写し出す「鏡」をあらわします。


解釈はパラレルに多角的にさまざまですが


このマカバは私たちのライトボディ そのもので


「アーク(聖櫃)」としてその叡智はアトランティス、エジプトから持ち出され


東へと伝わってきました。

 

f:id:yoomayu:20180726112309j:image

(※画像はサイト“Chahoo”より引用)


フラワーオブライフメタトロンキューブなどの神聖幾何学模様に


その叡智は込められきました。

 

f:id:yoomayu:20180726111829j:image


今回訪れたエジプト、トルコにも


至る所に神聖幾何学模様が描かれ


彫刻され


文字や言葉の中にその叡智を込めて


今に伝わっています。

 

f:id:yoomayu:20180726111853j:image
f:id:yoomayu:20180726111857j:image


それらのバイブレーション・振動(波動)を感じる体験をしたものが


その体験のバイブレーションをまた人々に伝えてゆきます。


悠久の彼方からつづく


魂の愛の旅です。


陽向天女

 


*・゜゚・*:.。..。.:*・☆・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 


時間は種の意識の中にあり


染色体の構造の中にある。


染色体は時間帯(タイムゾーン)に


照準を合わせます。


光・時間帯(タイムゾーン)は


染色体の存続や生成を妨げる


時間因子からなる


幾何学的構造なのです。


[“エノクの鍵” J.J.ハータック著 小野光麿・紫上はとる訳 ナチュラルスピリット より]

 


*・゜゚・*:.。..。.:*・☆・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

陽向天女

 

 


#イシスの性魔術

#神聖幾何学

マグダラのマリア

#エネルギーセックス

#クンダリーニ

生命の樹

#イヤーコーニング 

#エジプト

#ホピ

#マヤ

#ライトボディ 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 


💗陽向天女のセッションとセミナーのご案内💗

http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2018/11/30/065841

☝︎☝︎☝︎

 

 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

陽向 天女(ひなたてんにょ)〈真弓 陽子〉

 

1994年より手術室看護、

1999年より育児をしながら

訪問看護を経験。

2014年 瞑想を始め、

亡くなった義父に導かれ

スピリチュアルな世界に興味を持つ。

日々、瞑想をしながら

宇宙の一源やさまざまな存在たちからの声を聴き

癒しと目に見えない世界について

探求(思い出)し、

『神聖幾何学

『イシスの性魔術』

『ライトボディアクティベーション

などの光のツールを通して

深淵なる宇宙の愛と叡智を

人々に伝えてゆくことを使命(ヨロコビ)としています❤︎