陽向 天女の“はごろも通信”

宇宙 創造 ライトボディ 性魔術

【性エネルギーの役割・マグダラの聖マリアの記念日に~『君が代から 神が代へ』より抜粋】

 

f:id:yoomayu:20180723122113j:image

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・☆・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

=聖職者の性=


(前略)


  聖職者たちによる性的虐待が多発している背景には、宗教の名のもとで行われている、不自然な人間の性エネルギーの抑制があります。


  多くの宗教は、教義ばかりに目を向けさせる目的で、その教えに合わない肉体的側面を抑圧してきました。でも、この地球上で魂が肉体とともにあるのは、自らの現実を否定するためではなく、経験するためです。

  精神的、霊的に未熟なうちに、自然に湧いてくる性欲や感情を否定・抑圧すれば、結果的に霊的・身体的な波動をゆがめる原因になってしまいます。


  性エネルギーの本当の役割を明確に理解している人はほとんどいません。それは、一度性エネルギーを昇華する体験をしないと理解できないからです。


  性エネルギーは、

  愛する力を強化し、

  創造力を活性化し、

  新しいことを始めるための活力を与え、

  何かを遂行する原動力となり、

  心を熱くし、

  エネルギーを活性化させ、

  生きる力の喜び、明るさ、

  発芽・成長させ開花させ成熟させる力、

  そして

  直感を引き出す力と関連しています。


  これらを理解するためには、まずは肉体的な性エネルギーの理解から始まります。このことは序章でも触れましたが、肉体的な性エネルギーの方向は下を向いています。それがほとんどの人の現在の状態です。

  でも、魂の進化の過程で最終的には性エネルギーを上に向けて昇華することになります。そして、この時に初めて、性エネルギーが神聖なエネルギーとして理解できるのです。

  昇華するためには、性エネルギーをさまざまな体験を通してよく理解し、そして、手放す必要があります。

  神の子である私たちは皆、性行為を通して生まれてきているという事実すら、否定したいのかもしれません。


 でも、これは逆に、自分自身の否定にもつながり、肉体的な欲望からの離欲が出来ない状態に拘束されてしまう、大きな原因になってしまうのです。

  このようにして性欲や物欲を無理に抑えつけた場合、心の中には歪みが残り、逆に性欲から完全に解放されることが難しくなります。

  本来、あらゆる欲は、人が肉体から霊的進化の旅を始める上で、とても神聖な役割をも持っているものです。でも、利己的な使い方ばかりでは、誤用してしまうことになります。欲をどのような方向に向ければいいのか、内観してみることも大切です。

  性行為で到達できる絶頂状態は、瞑想で得られる究極の絶頂状態の疑似体験であります。


  どちらも愛があり、エゴがなくなります。


  大きな違いは、性行為がエネルギーの流れを下に向けて浪費するのに比べて、瞑想ではエネルギーの流れを上に向けて循環させるということです。

  瞑想とヨガによって、性行為での刹那的な絶頂よりもはるかに強力な持続性の絶頂経験をすることが可能です。瞑想が深まり、エネルギーの流れが上方へ昇華すると、開花した花から花弁が自然に落ちていくように離欲が起こります。


  性エネルギーは、誰もがいつかは昇華していかなければならないもの。イエス大師が「人はパンのためにのみ生きているのではない」と語ったのは、このような意味も含まれます。

  離欲とは、植物が実を結ぶ前に、開花した花の花弁が一枚ずつそっと離れていくように、世俗的・感覚的快楽への欲求が自然に消えてゆく現象です。そこには抑制はありません。


  人は、より良いものを手に入れると、より劣ったものを手放しやすくなります。

  プラスチックでできたダイヤモンドの玩具のネックレスを大事にしていても本物のダイヤモンドのネックレスを手に入れたら、玩具は手放すでしょう。玩具の車を大切に持っていても、本物の車が手に入ったら玩具の車はもう必要ないでしょう。

  肉体的な性エネルギーと霊的な性エネルギーの関係は、それによく似ています。


  人も宇宙も、各階段を上がるごとにより神の意識に近づき、下の階段の時に囚われていた欲は自然と離れていきます。もし欲を押さえつけたままの状態で上の階段に上がろうとしても、心が囚われてしまい、上がることは困難です。


  これまで多くの宗教がやってきたことは、性を根底から否定し、抑圧して、神の意識に近づいた錯覚を作ること。

  そこを理解しない限り、聖職者の性的倒錯は根絶できないかもしれません。


  私たちが地上に肉体を纏ってやってきた意味を、もう一度よく考えてみる必要があります。


《森井 啓二 著・下巻・きれいねっと  より》

 

 

f:id:yoomayu:20180723123647j:image

 

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・☆・*:.。. .。.:*・゜゚・*


エジプトカイロを後にして


トルコはイスタンブールへやってきました。

 

f:id:yoomayu:20180723122342j:image


中東の風とヨーロッパの情熱が織りなす


街のタイムラインに身を委ねて歩くと


魔女的な過去にアクセスしてゆきます。


ここトルコは聖母マリアの過ごした土地でもあるそうです。


マリアといえば


7月22日はイエスの妻のマグダラのマリアの記念日だそうです。


マグダラのマリアが伝えるイシスの性魔術は


この性エネルギーのクンダリーニエネルギーの昇華の体験です。

 

 


エメラルドグリーンのマリアエネルギーであり


薬師瑠璃光如来の光であり


大天使ラファエルのエネルギーであり


母なる地球の大地の癒しのクンダリーニエネルギーです。

 

f:id:yoomayu:20180723122545j:image

 


エスマグダラのマリア実践したエネルギーセックスは


ハトホルの儀であるエジプト魔術の


ホルスの錬金術とイシスの性魔術です。


二元の鶴と亀が統(ス)べる


ミロクの夜明けの今


この霊性の性エネルギーを昇華させる


エネルギーセックスを多くのひとびとが体験してゆきます。


イシスの性魔術セミナーにも


何人かの方々が


自らの体験に驚いて流れ着くようにセミナーに


来てくださいます。


この性エネルギーの上昇はどのようにしたら


感じることができるのでしょうか。


まずは、日常での五感を細やかに使ってゆきます。


美味しいものを食べ


人と触れ合い


指先はクリエイティブな仕事をして


四肢は大地の鼓動と呼吸に合わせて動きます。

 

f:id:yoomayu:20180723123001j:image


自然の中でよく見て


よく聞いて


声や涙や排泄物をよく出して


地球と宇宙としっかり繋がります。


纏った肉体を十二分に味わいます。


すると


マカバのうちのエネルギー体のカーボディが


微細なエネルギーを感じて


エネルギーの通りが良くなってゆきます。


子供達も幼い時から


よく感じることが大切です。


自然(じねん)という意識を外した状態で


自分と世界の現れとの繋がりを微細に感じてゆきます。


そこに深く大地の底で鳴りひびくバイブレーションを


かかとのヤコブ骨から仙骨へ感じてゆき


仙骨のバイブレーションを脊柱を伝って


脳幹に触れる蝶形骨のバイブレーションへと


伝達してゆきます。

 

f:id:yoomayu:20180723123257j:image


そこからアンクという十字架の上が輪になった音叉の形状に


バイブレーションを伝えてゆくのが


ホルスの錬金術でありイシスの性魔術です。

 


f:id:yoomayu:20180723123302j:image


鼓動と呼吸を静かなパッションで使ってゆき


高い崖から後ろ向きで落ちるように


安全安心の自他の愛に身を委ねて落ちてゆきます。


大地を根づいて生きるこの肉体が


宇宙を信じて重力から解放される瞬間です。

 

f:id:yoomayu:20180723123428j:image

 


黒マリア(マグダラのマリア)のマリア観音様のいらっしゃる


福山の常福寺の住職である殿元さんに紹介していただいた本


今回のエジプト・トルコ旅行の旅のお供となった


森井啓二さんの著書『君が代から神が代へ』から一部抜粋して


ご紹介させていただきました。

 

f:id:yoomayu:20180723123559j:image

 


イスタンブールの夜が


まもなく明けます。

 

早朝のコーランも聞こえてきました。

 

今日もYukiちゃんと珍道中の一日になりそうです。

 

みなさまの平穏な豊かな日常を

 

心からお祈りいたします。

 

ありがとうございます。

 

愛しています。

 

 

陽向天女

 

 

********************

陽向天女

 

 


#イシスの性魔術

#神聖幾何学

マグダラのマリア

#エネルギーセックス

#クンダリーニ

生命の樹

#イヤーコーニング 

#エジプト

#ホピ

#マヤ

#ライトボディ 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 


💗陽向天女のセッションとセミナーのご案内💗

http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2018/11/30/065841

☝︎☝︎☝︎

 

 


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

陽向 天女(ひなたてんにょ)〈真弓 陽子〉

 

1994年より手術室看護、

1999年より育児をしながら

訪問看護を経験。

2014年 瞑想を始め、

亡くなった義父に導かれ

スピリチュアルな世界に興味を持つ。

日々、瞑想をしながら

宇宙の一源やさまざまな存在たちからの声を聴き

癒しと目に見えない世界について

探求(思い出)し、

『神聖幾何学

『イシスの性魔術』

『ライトボディアクティベーション

などの光のツールを通して

深淵なる宇宙の愛と叡智を

人々に伝えてゆくことを使命(ヨロコビ)としています❤︎

 

f:id:yoomayu:20180723123718j:image

 

f:id:yoomayu:20180723123747j:image

 

f:id:yoomayu:20180723123830j:image