陽向 天女の“はごろも通信”

宇宙 創造 ライトボディ 性魔術

【女性と子供】





子供が不登校になって


大変だったのは


社会の目から子供たちの『心』を守ることでした。



「何が原因なんだい?」


「友達が待ってるよ」


「人生は頑張らなくちゃいけないこともあるんだよ」



そんな周りからのアプローチは


「今、あなたは良くないことをしているんだよ」


と子供に『自己否定』の潜在意識を刷り込んでゆきます。



親は親で


不登校のカウンセリングなどを通して


逆にダメな親のレッテルを貼られます。





そんなものをものともしない


豊かな人生経験があれば


笑い飛ばせるものを


戦後の義務教育のレールに乗り


進学し就職して社会に出た親たちの人生経験は乏しいものです。







この社会の常識の目は


不登校だけではなく


会社を辞めること


離婚をすること


不倫や浮気をすることなど


どんなときにも


レールから外れた個人を攻撃し


『社会』という城を守ろうとします。







コソコソと城から出た者を異質なものとして


嫌がります。





でも、実はみんな城から出たいのです。




「出たら危ないよ」って思わされているのです。



城から出るものは


自由に堂々としていればよいのです。


不登校でも堂々


辞職も堂々


離婚も堂々


不倫(この言葉はほんとに笑える)も堂々


浮気も堂々。





圧倒的な堂々さに


『異常』さは吹っ飛びます。




コソコソするとややこしくなる。



それでも


繰り返し責められると


心はグラつきます。





「あれ?やっぱり変なのかな」





私も友人や親に責められひどく落ち込みました。


でも


たくさんの友人たちと家族が助けてくれました。


神さまは宇宙のしくみを教えてくれて助けてくれました。










「助けてください」と言ったら


みんな助けてくれました。








今の男性社会のなかでは


女性の多くは離婚と同時に


子供を抱えてぽんと社会に放り出されます。





私は周りの助けと看護師という手に職があったので


守られていますが


守られずに呆然と


『大変なシングルマザースパイラル』にはまっている人たちがたくさんいます。




不登校の子どもたちも同じです。



守られずに


『大変な不登校児スパイラル』にはまっています。






昨日


ある女性と会って話していて氣づいたのですが


そういえば私はずっと


産後のベビーサークルやプリスクールの活動を通して


女性と子どもたちをサポートする活動をしてきたのでした。


なぜかいつもそれらの活動の中心にいます。




これから


宇宙図書館の活動を通して


不登校などのインディゴチルドレンの子どもたちの


サポートをしてゆきますが


宇宙のしくみやエネルギーのことを伝えながら


もっと広い範囲で


女性たちや子どもたちの『心』を守るサポートを


してゆきたいな


と思います。





お城から自由に出たり入ったりできるように。






『心の真ん中』を知った『人』はしなやかで強いです。





青山の廃墟の『子どもの城』


あれ


使いたいなあ。。。





Love☺︎Yohko




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

陽向天女

#イシスの性魔術
#神聖幾何学
マグダラのマリア
#エネルギーセックス
#クンダリーニ
生命の樹
#イヤーコーニング
#エジプト
#ホピ
#マヤ
#ライトボディ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

💗陽向天女のセッションとセミナーのご案内💗
http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2018/11/30/065841
☝︎☝︎☝︎

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

陽向 天女(ひなたてんにょ)〈真弓 陽子〉

1994年より手術室看護、
1999年より育児をしながら
訪問看護を経験。
2014年 瞑想を始め、
亡くなった義父に導かれ
スピリチュアルな世界に興味を持つ。
日々、瞑想をしながら
宇宙の一源やさまざまな存在たちからの声を聴き
癒しと目に見えない世界について
探求(思い出)し、
『神聖幾何学
『イシスの性魔術』
『ライトボディアクティベーション
などの光のツールを通して
深淵なる宇宙の愛と叡智を
人々に伝えてゆくことを使命(ヨロコビ)としています❤︎