Yohko-Mayumi’s blog " Forest Dance "

うみいき やまいき そらいき こころいき めぐるえなじー

【ワンダラー・ワールド・エジプト】

【ワンダラー・ワールド・エジプト】


In Wanderer Wanderer

They say it was in Egypt

Wanderer Wanderer

彷徨い人の愛の国 Wanderer



ゴダイゴのGandhara風に歌ってみて♪(´∀`*))


・゜゚・*:.。..。.:*・❤︎・*:.。. .。.:*・゜゚・*







エジプトの旅は

ギザのクフ王のピラミッド王の間では

虹色のエクスタシィにひたったし

スフィンクスでは

地球のグリッドの穴に繋がる

強烈なグリッドのラインを感じて

まだ明かされない叡智の奥深さに

胸が踊った。

イシス神殿の祈りの石は

エメラルドグリーンのいのちのひかりを感じて

ルーツに繋がった感じ。








。。。。。なんのこっちゃ♪

さっぱりわからないでしょう(´∀`*)♪







エネルギーは感じるまま。

言葉にはうまく表せられない。



しかし

エジプトの人々のエネルギーが

すごかった。


カイロ空港に到着するとその殺伐さに

一瞬怯んだ。



旅人や女をみかけて「ヘイ!ヘイ!」と

声をかけてくる男たち。

遺跡見学では

バスの外から物売りたちが一氣に集まってくる。

口々に

「ニイハオ!」

「ワンダラー!ワンダラー!」

と言いながら次から次へとたかってくる。



「1ドル!安いよ!安いよ!」って。


このワンダラーコールは

なんども聞いているうちに

だんだん心地よくなってきた。



ワンダラーって「さまよう人」。



たしかに。

私たちは彷徨う人たち。





エジプトの街中は

生きることにまっすぐ必死な人たちで

あふれていた。



トイレで紙を配りながらチップ稼ぎをする人たち。

旅行者に手を貸してチップ稼ぎをする人たち。

子どもに使わせるペンが欲しいと

物ごいをする人たち。

バスの窓から見える笑顔で手を振る子どもたち。

ロバにたっぷりトウキビの束を乗せながらまたがり

満面の笑みでバスを追いかける少年。




生きることにまっすぐでなければ

死んでしまうから。




生きる意味は、とか

カルマが、とか

宇宙のつくりは、とか

そんなの考えるヒマなんかない。



わざわざ日常から離れて

美味しいものや便利な生活から離れて

こんな殺伐としたところに飛びこむような人たちの

氣がしれないだろう。



なにを求めているのやら。

まさに、わたしたち、彷徨う人、ワンダラーだ。



一本、人さし指たてて、

ワンダラー、ワンダラー、と

指さされているかと思うと

笑いがこみ上げた。





旅の観光ツアーの中日

王家の谷では

お腹の調子も悪く

谷を目の前にして

まるで観光する氣になれなかった。


そこで

ツアーから外れて

バスにもどって

土産屋の並びで子どもたちへの

お土産を選ぶことにした。



ワンダラーコールの中で一軒

笑顔の可愛い若者のお店をみつけて入ると

とても愛想の良い青年。


のんびり値段交渉を楽しんで

お土産用のキーホルダーと

エジプトの大理石で削った

ピラミッドの置物を買ってから

トイレに行きたくなって

トイレのチップ用の1エジプトポンドの両替を頼むと

両替ではなくてよいからと

1コインくれた。



トイレから戻り

先ほどの青年のお店へ戻り

子どもたちへのお土産用の

エジプトコインが欲しくて両替を頼むと

お店にあるだけ出してくれて

さらに、足りないからと

両隣の店主に声をかけて集めてきてくれた。







ツアーの仲間が帰るまで

まだまだ時間があり

店内に座り込んで

ファミリーの話をした。

彼には弟二人、妹三人がいて、

母親は体が弱いので自分が稼ぎ頭だと。

父親の話は口を濁した。



屈託のない笑顔で答える。

例によって兄弟にペンが必要なので持っているかと

聞かれたけれど

生憎、余ったペンは持ち合わせていなかった。

引っ越しでもたっぷり捨てた記憶がある。

エジプトの人たちがこんなにペンが必要なら

何本か持ってきたのにというと

笑顔で「よいの、よいの。」と。

そして

「あなたの笑顔は女神のようだ。」

と、また屈託の無い笑顔で言う。



ぱかぱかにハートが開きっぱなしの

すごいエネルギーだった。

可愛いそのほっぺにキスしたいくらい❤︎


生きることにまっすぐな

迷いのないハートだった。





2014年の暮れに

突然飛びこんだスピリチャルな世界で

いろんな布石をみつけながら

あちらこちら、うろうろと彷徨ってきた。



パワー・オブ・ザ・ハートに出てくる

ハートマス研究所で研究されている

ドランヴァロの『ハートの聖なる空間』

を知ってから

ちょうど一年。






なんども見えた

エジプトに来ることができた。

イシス神殿では時の神さまトートが

白いトキの姿で神殿の空を飛んで

シンクロニシティをみせてくれた。



彷徨い人の旅は

時の螺旋を描きながらつづく。。。



日本の街並みをのんびり歩きながら

ふと足元を見ると

小さなハートのペンダントが落ちていた。






これは

なんだろうねぇ。。。。❤︎


ワンダラー

ワンダラー

彷徨う愛の国 Wanderer



❤︎Love, 陽子❤︎







Yohko Mayumi's ユニバーサルコーニング サロン
Universal Coning『FOREST DANCE』
http://forestdance.jimdo.com/home/




古代エジプト・イヤーコーニングの図❤︎



Facebook. Yohko Mayumi
https://m.facebook.com/yohko.aza





キリスト意識の白いハト❤︎





グリッドをめぐる地球のクンダリーニの光の蛇❤︎