Yohko-Mayumi’s blog " Forest Dance "

うみいき やまいき そらいき こころいき めぐるえなじー

【幸せの究極は、ゆるすこと☆蛇のメッセージ・その後・・・】

【幸せの究極は、ゆるすこと☆蛇のメッセージ・その後・・・】






夢うつつ

とおく

きこえてくるのは

ひかる

あおみどりのこえ



☆*:.。. ☆*:.。. ☆*:.。. ☆*:.。.
.。.:*☆ .。.:*☆ .。.:*☆ .。.:*☆



風邪をひいて

カラダの中で、ばい菌のまつり太鼓が

ドンドコドンドコ鳴りひびく中、

青みどりの空気につつまれて、

先日のぼった霊山で出会った蛇のことばが

きこえてきました。



(霊山に登ったお話は・・・・
【ぐるぐる蛇からのメッセージ🌀☆伊賀の霊山へのぼりました】
http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2016/09/25/182845
・・・・を、読んでね^_−☆)





************



伊賀の山は

焼き払われたことを

悲しんでいない

むしろ

喜んでいる

寺院は腐敗しており

負のエネルギーにあふれていた

山は浄化され

今では

こんなにも

つくし

怨みなどない

織田への怨みなどない

伊賀の民は

赦しを

赦しを

それによって

伊賀の土地は

浄化される

堰きとめられた

宇宙のエネルギーが

まわりだし

山は

生きかえる

伊賀の民は

心に

赦しを



*************





これは、加太に住む友人への言葉でもあるのかな、

と思い、友人へメッセージを送りました。



彼は、

加太に移り住んでから知り合った家族の旦那さんで

加太の歴史を丁寧に教えてくれた人です。



加太の歴史や、

山をあるく神さまのお話や、

伊賀の戦のお話。



それこそ、家族団らんで夕飯のあとに、

古民家の囲炉裏端で子どもたちに聴かせたい

お話のかずかずを、すばらしい語り口調で

語ってくれます。



メッセージを送ると、

こんなメッセージが返ってきました。



『人は一番幸せになる事…

それは、許すという事です。

幸せの究極は許すという事なのです。

争っても、言い合いになっても

向き合って真剣になっているから、

いろんな事も起こります。

両親、兄弟、姉妹、子供は血が繋がっています。

だから争っても許す事が簡単に出来るのです。

血が繋がっていないと

簡単に許せない事もあります。』



キレイな言葉だなぁと、思いました。





送った蛇のメッセージは

わたしへのメッセージでもあるんだ。



幸せの究極は、ゆるすという事なのです。。。



先日、霊山に登り、駆け下りてきたときに、

「ああ、私、こうやって山を駆けめぐって

忍者をしていたんだ。」

と、記憶がよみがえりました。



伊賀の土地に残してきた思いは

また、ここに戻って放たれてゆく。



悲しみとか、憎しみとか、

後悔とか、おそれとか、

残してきたものを思い出して、

「みんなゆるす」

ことで、浄化してゆく。



ヤマは、ずうっと昔からそのことを知っていて、

ずうっと、そこにたたずんでいる。



何も知らないわたしに

「ようやっと、来た来た♪」

と、あたたかく見守りながら、語りかける。



山を登りながら、

名残りのある景色の中で

記憶がよみがえってゆく。





ほんとうに、気の利いたスクリプト(台本)です。



あ!


彼(友人)も、忍者だったんだ!

先輩忍者!

加太に移り住んでから、

事細かにいろいろおしえてくれる。

すごく、大事なことを伝えるように

次から次へと教えてくれるのは、

先輩忍者だったからだ!



どんな人でもそうだけれど、

人生の中で出会った人はみんな、

前世で何度もいろいろな関係にあった人たちです。

再び、みたび、会って、

宇宙の調和に向けて、この世でひとつひとつ

出会いゲームをクリアしてゆく。



生まれかわって、

まだ、伊賀での思いをゆるしていない私に

再びあらわれて、メッセージを、くれたのです。




ゲラゲラと笑いながら、

山を駆け巡り、

知恵と知識とユーモアで

戦の時代を生き抜いた景色がみえました。





先日、子どもたちの小学校と地区の運動会で

出会った笑いにあふれた人々も

この世で再び出会った人たち。

この世で運動会!

あはは❤︎




この世もあの世も

そういうシンクロ二シティにあふれている

と、感じながら生きると

すべての現象がつながっていて、

まったくもって

「ひとつでしかない」

と、感じることができます。




グレート・セントラル・サン



エロヒムのひかりのこどもたち







さらに彼は、

いつもヘラヘラと笑っている私と、

別居、不倫、離婚、子どもの不登校、を経て、

加太に移り住むことになった私たち家族が

いつも自然な笑顔であふれている様子を、




『自然と笑顔を見せる人は..........
............................…実は一番強いのです。』



と、家族の姿にまで言及しました。



私の家族にもいろいろなことがありました。

きっと、彼にもいろいろなことがあり、

その中で、

「うつくしいひかり」

として残ったものなんだな。




私も、なんだか、

いろんなことがこちゃごちゃと面倒でも

とりあえず、笑ってりゃいい

と思いながら、

いつもヘラヘラとしています。





どんなに落ちこんでも

次の瞬間にはヘラヘラとしています。

よくわからなくなって

それしか出来なくなるから。


「わらってゆるして❤︎あはははは❤︎」


訪問看護で出会ったおばあちゃんたちにも

「なんにも悩みなんかなくて、

いつもしあわせそうだねぇ。。」

と、シワだらけのお顔でよく言われました。

最高のおほめの言葉です❤︎




************





そのまんまでよいよ

いつも

ここへ来たのは

かならず

そう言ってくれるから

いまはもう

じぶんでいえる

#Freedom





************





ぐるぐる山、霊山で出会った蛇は、

グレート・セントラル・サンの化身。





こんな思いをぐるぐる巡らせている私を見て

いまごろ、

先の割れた舌を出して

シシシ〜と

笑っているにちがいない。





ううう、ばい菌のまつり太鼓が

まだまだ、ひびきわたる。



ゴホゴホ(*_*)


ウマウマ(๑˃̵ᴗ˂̵)


ヘラヘラ(*´∀`*)


ぐーぐー(_ _).。o○



人生は

つくし



アンタカラナの

虹の橋をこえてゆこう♪












❤︎陽子❤︎


Universal Coning『FOREST DANCE』


http://forestdance.jimdo.com/