Yohko-Mayumi’s blog " Forest Dance "

うみいき やまいき そらいき こころいき めぐるえなじー

【ぐるぐる山の蛇からのメッセージ🌀☆伊賀の霊山へのぼりました】



【ぐるぐる山の蛇からのメッセージ🌀☆伊賀の霊山へのぼりました】







************



きこえてきたのは

グレート・セントラル・サン

ひくく

とうめいに

ひびきわたる

わたしは

グレート・セントラル・サン

セントラル・サンの

火をおこし

地をおこし

風をおこし

水のいのちをおこし

かがやきつづける

わたしは「動」

「動」そのもの

わたしは「生」

「生」そのもの

愛のひかりの放射は

とめどなく

あふれる

ひかりをうけたものたちは

ひかりのうたをおもいだす

わたしは

グレート・セントラル・サン



************




今朝の瞑想は

ずっと


「グレート・セントラル・サン

グレート・セントラル・サン、、、、」


って聴こえてきた。


グレート・セントラル・サンってなんだっけ?


ググると、



大日如来



そうか。

「ラー」でもあるのかな。




夜が明けて

空が白みはじめると



「晴れてる❤︎。。。霊山にいこう♪」



と、山登りの仕度をはじめました。


加太に来てから雨ばかりで、

なかなか登れなかったから。





《霊山》

加太から西南に位置する山。


標高765.8m。


霊山寺から山頂までは

一時間ほどの軽いハイキング。


伊賀忍者の里、室生赤目青山国定公園

特別地域に指定されているそうです。




霊山寺

創建は平安時代

開基は最澄によると伝えられています。

元は霊山山頂に位置した巨大寺院で

天正伊賀の乱で焼失。

その後、江戸時代に

鉄牛禅師によって中興開基された、とのこと。




加太に住むことが決まってから

名前がやたら氣になった山。



霊山。





先月登ったときは


山の東寄りから

ようやく車が走れるほどの細い山道を

途中まで車で登ってから

山頂まで少し歩きました。










今回は


名阪国道を伊賀インターで降り

霊山寺に車を停め、


石仏群のならぶ

古い寺院の跡地を登ってゆきました。





細い山道をのぼってゆくと


途中

パッと空気が変わるところがあります。


一瞬

山が静まりかえって


アタマの奥で高音が鳴り響きます。




六つのお地蔵さんの掘られた

三角の石仏の前で


目を閉じて

エネルギーを感じると



真上に大きな円盤が

ひかりの柱をおろし


大きな目が

こちらを見ていました。


肌に馴染む

やさしい空気につつまれました。





************



まうえの

えんばんに

のびる

ひかりのはしら

らーの目と

エロヒムの愛への

いりぐち



************









ここから

道中は


強い山のエネルギーで


強くねじれてのびた樹々の

不思議な光景がひろがります。



ぐるぐるエネルギーの山🌀霊山。




















山頂には

《霊山経塚》という石室の遺跡があり


石室の中に

聖観音立像が祀られています。









観音さまに手を合わせて


ふと

足元を見ると


柔らかい

脱皮したての蛇の皮がありました。



「誰か、

蛇の皮をお供えしたのかな、、、

なんだか、へんよね。」



と思いながら


前回、撮りわすれた

観音さまの写真を撮らせていただいて





石室を出ると


石室の上から脱皮したてホヤホヤの

肌がつるつるの蛇が


積み石のあいだから

こちらをのぞいています。




ひさびさの秋晴れの

やわらかい陽射しのなかで


濡れたように

おひさまに照らされて


金ピカに反射するほど

ピカピカと光っています。



「は(o_o)!

あの蛇の皮、

お供えじゃないんだ。

あの観音さまの前で

脱いだんだ!

すごーい!」





しばらくすると


蛇は積み石のすきまから

ニョロニョロとでてきました。


こっちを見ながら


ニョロニョロ

ニョロニョロ


カメラを向けると


ちょっと逃げる。


しばらく、目の前で

ニョロニョロしていました。







こういうのは、

メッセージ。


とても大切な愛のメッセージ。



あちらから


わざわざやってきて

伝えにきてくれる。





「ひとはだぬぎますよ。」





そのとき、


ちょっと前に、

そう人に言われていたのを

思い出しました。



でも、

意味はわからない。


メッセージはあとからツラツラと

届くことがあるので、



考えない。


任せる。


委ねる。




************



忍びの里の

つくし

観音さまの前で

一皮むけた蛇

まだ

うまれたばかりの

濡れた肌が

あたらしい太陽に

てらされる

そういえば

まえに

言われた

「ひとはだぬぎますよ」

って

ひとはだぬいだら

うまれたばかりの

濡れた肌は

あたらしい太陽に

てらされて

つくしいかな



************





「そういえば❤︎

(長男が)蛇の脱皮した皮を持ってると、

金運があがるよーって言ってたよねえ❤︎」





そう思って、


観音さまに手を合わせ


すこし土で汚れた

やわらか〜い蛇の皮を


遭難用非常食のチョコレートの紙に

そ〜っと包んで


持って帰りました。




その後、



さわやかな秋の風に吹かれて


山頂で瞑想していると


長男からiPhoneに電話がかかってきました。



「ママ、どこにいるの?

じいじが、勝手に車を使ったらこまるだろって

怒ってるよ💢」





ヤバい!



電話の向こうで

怒ってる声がきこえる。。。(o_o)💧



朝はまだ、みんな、寝ていたから

何も聞かずに車をかりちゃった!


あわてて、山を駆け下りました!


その、速いこと。


30分かからずに降りてきた。



きっとわたしの足は、

漫画のようにぐるぐる🌀していたに、

違いない。



行きはヨイヨイ♪

帰りはコワい(o_o)!



前日の

小学校と地域の運動会での

筋肉痛はどこへやら。。。

どきどき。。。。




駆け下りながら

は(o_o)!

と、しました。





「わたし、こうやって、

山を駆け下りながら、

忍者をしていたのか。。。」



忍法☆山駆けの術。。。( ̄^ ̄)b






************



ひかりのたびは

いのちへのギフト

うまずたゆまず

ひたむきに



************





❤︎陽子❤︎





9月26日(月)〜29日(木)は、
いったん、東京に戻ります。
横浜・東京でコーニングご希望の方は、
ぜひ、ご連絡ください(^o^)/♪



Universal Coning『FOREST DANCE』


http://forestdance.jimdo.com/