読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yohko-Mayumi’s blog " Forest Dance "

うみいき やまいき そらいき こころいき めぐるえなじー

①『マスターたちとつながるコード☆虹の橋アンタカラナとコーニングのちから・・・その①』


ここ最近、夢中で読んでいる

J.Jハータック 著、紫上はとる、小野満麿 訳の

『エノクの鍵』。



この副題が

「宇宙の仕組みを解明し、

本来の人間へと進化させるための光の書」

とあります。







ずいぶんと、仰々しい副題ですし、

言葉も文章も難解なのに、

なぜか、読み進める程に次から次へと、

驚くほど日常の中に

本の中の情報が落とし込まれてゆくのです。

そして、

落とし込まれるそのスピードは

日一日と、加速しているのです。





∞チャクラと虹の橋と光のマスターたちのコード∞





少し前に、『虹の橋』という言葉が

聞こえてきて、ネットでググってみました。

すると、

『光のコード・アンタカラナ』だとか

アリス・ベイリーの『創造の12の光線』について

の説明にヒットしました。



この地球や私たち自身、また、この社会は、

チャクラと同じく様々な光の要素に分かれていて





それぞれの光の要素を

輪廻を繰り返すことで体験し

体験し尽くして



すべてが統合された光になったとたん

次の次元へと進化する、


その進化のためにつなげる光のコードが、


『アンタカラナ』と呼ばれる


虹の橋なのだそうです。




『エノクの鍵』の中に、

こんな絵図がありました。






カラダを取り巻く

たくさんの光のマスターたちの名前。




これを見て、わたしのマスター的な女性が

「ああ、経絡やな、、、」と言いました。

まだ、何も説明していないのに。

(マスターといっても

この世に三次元的肉体を持っている

おちゃめなヒトです❤︎^ ^)



エジプトの王の名や聖書に出てくる

伝説的な名前たち。

(日本のかみさまたちも❤︎)



それらは、光のエネルギーコードとして、

地球、人間、社会をカタチ作っていて



それぞれ

すべてが光であったことを思い出すために




喜びも悲しみも味い尽くして体験し

次々とコードを繋げてゆく。




それが宇宙の喜びそのものであることが

『解る』

『感じる』






そんな宇宙生物学的な壮大なるドラマの役者を

私たちは日々、淡々と(?)やってのけているんだ。



生きるのが辛くなって瞑想をしたり


さまざまな宗教の信者になって


聖書やコーランを読んだり読経したり


神々の名前を唱えて祈ったり。


それらはとても科学的なことだったんだ。




科学ってなにかと数字であらわしたいモノ。



光の科学。



『かごめかごめ』の唄に


「鶴と亀がすべった」


とありますが、


あれが



「数(すう)と神(かみ)が統(す)べった」



と、心に響いてきました。







右脳的女性的なもの


左脳的男性的なもの


それらが統べるとき


この地球も私たちも


『ひかりそのもの』になってゆくのだと


たくさんのマスターたちは


ずっと前から知っていて


私たちのボディを取り囲みながら


繋がることを


ずっとずっと待っているんだなぁ❤︎


「そうだ💡☆虹の橋をわたろう( ´ ▽ ` )ノ〜〜♪」







最近、イヤーコーニングをする中で

これらのことがコーニングと繋がって

知識と認識が膨らんでゆきました。




そのことについては、、、



∞イヤーコーニングをはじめて体験したとき∞

∞砂漠の国で灯した火の記憶∞

∞体験し、浄化し、接続する∞




・・・に、続く♪( ´▽`)〜〜おたのしみに❤︎



❤︎陽子❤︎


Universal Coning『FOREST DANCE』


http://forestdance.jimdo.com/

明日9月16日(金)からは、三重県亀山市におります。
10月はじめまでおりますので、関西方面でコーニングご希望の方はご連絡ください( ´ ▽ ` )ノ