読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yohko-Mayumi’s blog " Forest Dance "

うみいき やまいき そらいき こころいき めぐるえなじー

『創造のちからとたまのうた』



サムハラのひかりの樹に会ってから

一年たちました。



この一年の

「ひかりのたび」は

創造と歓喜と感謝で

あふれていました。





【ひかりの樹については・・・こちらから↓^ ^♪
http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2016/04/30/100258








あのとき

樹に出会って

かんじたモノを唄にしました。




********************



「禁断」じゃなかったんだ

「愛」のリンゴだったんだ

食べたら悪い子になると思ってたよ

美味しいもの食べたいよね

教えてくれてありがと蛇さん




********************



意味がわからないまま

コトバにしました。

いま思えばコレは

マントラのようなものだったようです。




「ひかりの世界のしくみをもっと知りたい」

という思いから

出雲や岡山を旅しました。

そこには「意図」がありました。







どこにいても

天使やマリアさまたちと旅をしているのだと

見えるほどに「かんじる」

「創造するちから」がありました。



「かんじた」ものを

なるべくすなおに

なるべく純粋に

とても気をつけながら

「たましいの唄」にしました。



その唄をあたためて

「祈り」ます。

すると

するすると

つぎからつぎへ

「答え」みたいなものがあらわれました。



「答え」がでると

またつぎの「意図」があらわれました。

同じことをなんども

なんどもくりかえしていくと

「答え」がでるスピードが

どんどんアップしてゆきました。





それを

感謝の想いを込めて

「ひかりのたび」

と名づけました。






*******************






ひかりのたびは

いのちへのギフト

うまずたゆまず

ひたむきに











*******************






このながれを

なんども

なんども

くりかえし

たびをつづけてゆくと

「カタ」と「カムナ」を

つなぐ糸は

どんどん太くなるそうです。










それを

すなおに

「ヨロコビ」

とかんじるから

また

「たまのうた」

を唄います。




お声かけまちの

天使や聖霊たちをおもいだして




「創造のちから」をしんじて

ハートからわきあがる

あたたかくて

愛しいおもいを




祈りをこめて

唄います。




そういえば

アナスタシアも

創造のうたを

うたっていました。





意味がわからないままうたって

そらと大地にまかせます。




この世を生きながら

火と風と水と土を

たっぷりかんじながら

まかせます。










唄がどんどん

「あらわれ」になると

宇宙が歓喜と感謝であふれて





やがて

糸はうんと太くなって

「ヌシ」だったことを

おもいだします。





この一年の

「ひかりのたび」は

創造と歓喜と感謝で

あふれていました。






「ひかりのたび」は

くりかえし

くりかえし

ずっと

ずっと

つづきます。





*******************



去年

天使にささげた

白いユリをおいた

土のうえに

あたらしいユリが

みっつ咲いていた

ラファエルもマリアさまも

「おこえかけ」を

まってるんだって

ずっと

まってるんだって

ごめんね

ずっと

わすれてたよ

てれないで

むじゃきに

とどけ

マハトマのひかり







*******************





【天使については・・・こちらから↓^ ^♪
http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2016/05/05/173538



【マリアさまについては・・・こちらから↓^ ^♪
http://yohko-mayumi.hatenadiary.com/entry/2016/05/15/123704





*******************





Yohko Mayumi's イヤーコーニング サロン
『FOREST DANCE』
http://forestdance.jimdo.com/home/



Facebook. Yohko Mayumi
https://m.facebook.com/yohko.aza